きもの文化検定 模擬試験に挑戦
 

 

2017年10月22日実施 「第12回きもの文化検定」

【1級試験】 解答速報

 

※以下に掲載する解答は速報であり、受験者に12月下旬に「合否結果」と共に送付する「解答と解説」を以って

 公式解答とします。

 

 
 
問1
鳳凰
問2
脚絆or脛巾
問3
問4
袖に縋る(すがる)
問5
一珍染
問6
伸子
問7

寒染(かんぞめ)

問8
技法:糸入れ  人物:城ノ口みゑ
問9
骨豆地入れor骨地入れ
問10
丸口
問11
型友禅
問12
三宗家
問13
・大正時代初期→明治時代後期  ・広瀬治助→廣岡伊兵衛
問14

画像を参照ください

問15
花綜絖
問16
ア 染み込みor浸み込み   イ 同口
問17
ア 朱珍(しゅちん)  イ 綴(つづれ)  ウ 本しぼ織
問18

レピア

問19
グンボウ(交布)
問20
応仁の乱
問21
ア 鯨  イ 曲
問22
ア 筬  イ 框
問23
織り縮み
問24

ア 奇数  イ 振綜  ウ 綟(紗)

問25
ア 針金  イ 輪奈(わな、ワナ)
問26
中(なか)
問27

厚板(あついた)

問28
被衣
問29

ア 菱川師宣  イ 宮崎友禅斎  ウ 西川祐信

問30
ア カチン  イ 呉汁(豆汁)
問31
ア 鳶  イ ヤマツツジ
問32
ア 竜田  イ 古今和歌集
問33
ア 友禅  イ 絞り染で地を染め分ける。
問34
太子間道
問35
ア 割付  イ 隅入角
問36
五崩し
問37
ア 紗綾  イ 蘭  ウ 菊
問38
問39

ア 伊勢  イ 杜若  ウ 八橋

問40
ア 菊  イ 竹  文様名:四君子
問41

画像を参照ください

問42
麻の葉紋(麻紋)
問43
(2)丸に四ツ目菱→丸に角立四ツ目
問44

C→A→@→B

問45

菅縫

問46

画像を参照ください

問47

(1)ア 二藍  イ 薄縹色  ウとエ 紅花と藍(完全解答で1点)

(2)オ 丁字染

(3)カ 裾・きょ(完全解答で1点)

問48
一方向から光が当たることによってムラが見えやすいから。
問49
江戸小紋はシゴキ染、長板中形は浸け染めで行う。
問50
摺り分けることで色数を使えることができ、ぼかすことで濃淡を出せるから。
問51
天皇の束帯の袍にのみ用いられた色のこと。
問52
ごく淡い色合いで、藍染の中で最も薄い色。甕覗ともいう。(28 字)
問53
羽裏とは、袷の羽織の裏地の総称であるが、額裏とは特に男物の裏地で一枚の絵画風 に描かれた布、及びその仕立ての事である。(58 字)
問54
特に上前や背などの目立つ場所の柄の配置を考えて各部位の取り方を決める。(35 字)
問55
反物の状態にした布を水洗し、糊を用いて張り、乾燥させる。張りは、板に張り付ける板張りと伸子という弓型の竹ひごで張って吊る伸子張りがある。(70 字)